英語で会話ができる子供に育てる方法~乳幼児期から小学生の子どもが楽に英語を習得するために~

英語で会話ができる子どもに育てる方法~子どもが楽に英語を習得するために~
ニコ
ニコ

こんにちは!0~8歳のお子さんを対象としたおうち英語の始め方や進め方などをまとめたサイト『おうち英語の教科書』を運営している佐藤ニコです。

早速ですが、今日は〈Step②〉スピーキング力(英語で話す)を鍛える方法をご紹介しますね。

英語を身につけるために必要な4つのチカラ

ニコ
ニコ

英語を身につけるための4つのチカラについて少しだけお話しますね。

使える英語を身につけるためには、リスニング力、スピーキング力、リーディング力、ライティング力を鍛えます。いわゆる4技能といわれるものです。

まずは、十分に英語の音をインプットして、リスニング力(Step①)を鍛える
次に、十分に英語の音をインプットしたら、アウトプットの練習=スピーキングの練習(Step②)
そして、英語で学んだり、仕事をしたり、英語圏で生活するなら、必ず必要になってくるリーディング力(Step③)とライティング力(Step④)

ニコ
ニコ

お子さんの年齢によって、どのような流れで進めていくかは多少変わりますが、だいたいこのような順番で鍛えていきます。

  • スピーキング力を伸ばしたければ、英語の音を聞く時間と質を上げる
  • ライティング力を伸ばしたければ、英語で書かれたものをたくさん読む
インプットなくしてアウトプットはできない
ニコ
ニコ

おうち英語の取り組みの全体的な流れを知りたい方はこちら(↓)をご覧ください。

☆0~3歳くらいのお子さんがいる方は>>【0~3歳向け】おうち英語の始め方
☆3~6歳くらいのお子さんがいる方は>>【3~6歳向け】おうち英語の始め方
☆6~8歳くらいまでのお子さんがいる方は>>【6歳~】おうち英語の始め方

スピーキング力を鍛えるには、何をすればいい?

①口から英語を出す練習をする

英語の歌を歌う、読み聞かせの声に続いて真似をする、絵本を暗唱する、文字が読めるようになれば、ぶつぶつ独り言を言いながらチャプターブックを読む・・など

子どもが楽しんで英語を口から出す方法をみつけよう!
ニコ
ニコ

無理やり読み上げさせられるとかだと嫌になってしまうので、そこは嫌いにさせないように子供が好きなことを見つけるのが親の仕事です。

歌も歌いたくない、絵本も読みたくない、けれども会話は好き、という場合は、会話ができる環境を見つけてあげましょう!

まずは得意を伸ばす!

②実際に英語で会話をする

具体的にどんな選択肢がある?

子どもがスピーキング力を高められる場所

オンライン英会話
先生
先生

オンライン英会話は、インターネット環境とパソコンやタブレット、スマートフォンがあればどこでも英会話のレッスンが受けられます。

メリット
  • 好きな時間にレッスンを受けられる
  • 好きな場所でレッスンを受けられる
  • 教室などで行われる英会話レッスンと比較して料金が安い
  • 講師の選択肢が多い
  • 送迎の必要がない
  • 子どもがレッスンを受けている様子がみられる
デメリット
  • 子どもは画面の前にじっと座って集中することが難しい
  • レッスンを受けたい時間にお気に入りの講師の枠が空いているとはかぎらない
料金
  • 約5000~10000円/月(毎日)
英会話スクール
先生
先生

子供向けの英会話スクールは、グループレッスンが一般的です。

メリット
  • 身体を動かしながら、楽しく英語に触れられるところが多い
  • 同じクラスの子どもと仲良くなるとモチベーションがUPする
デメリット
  • 料金が高い
  • 送迎が必要である
  • オンライン英会話と比較するとレッスン時間の選択肢が少ない
料金
  • 約5000~10000円/月(週1回)
英会話カフェ
先生
先生

英語やその他の言語で会話を楽しむことができるカフェです。

 

子供向けというよりは、親子で一緒に参加するというイメージです。

英会話スクールに併設されているというところもあります。

 

東京などの首都圏だけではなく、地方にもあるので、お住まいの地域で探してみてくださいね。

メリット
  • 予約不要であることが多いので、いつでも参加できる
  • レッスン形式ではないので、気軽に参加できる
  • 月額制ではなく、当日の参加費のみというところが多い
デメリット
  • レベルによっては会話についていけないことがある
  • 自ら積極的に話さないとスピーキング力はつかない
  • 大人の参加者が主なので、子どもが会話を楽しめない可能性がある
料金
  • 約1000円/1時間
プリスクール
先生
先生

英語で幼児教育を行う認可外保育施設のことです。3~5歳が対象のところが多いですが、0歳~通うことができるところもあります。

 

プリスクールとインターナショナルスクールの違いは、前者は一般的に『英語で保育を行う施設』のことで、後者は『英語が母国語あるいは帰国子女など、そのような人のためにつくられた学校』のことです。

 

最近では、プリスクールとインターナショナルスクールはほぼ同義で使われることが多いです。

メリット
  • 英語に触れる時間が長い
  • 多様な文化に触れることができる
  • アメリカやイギリスなどのカリキュラムを取り入れているところが多いので世界基準の授業を受けられる
デメリット
  • 学費が高い
  • 住んでいる場所の近くにあるとは限らない
料金
  • 約100,000円/月
スプリング/サマー/ウィンタースクール
先生
先生

春休みや夏休み、冬休みなどの長期休みを利用して参加することができ、国内・国外両方の選択肢があります。

宿泊コースや通学コースなどカリキュラムは様々です。

メリット
  • 英語に触れられる
  • 英語の環境下でアクティビティやレクリエーションを楽しむことができる
  • (国外の場合)文化やその国を体験したり、外国のお友達ができる
  • (宿泊の場合)自立心を育てることができる
デメリット
  • 料金が安くはない
  • 積極性がなければ、楽しめなかったり、英語を話す機会がなかったりする可能性がある
料金
  • 約60,000円/5日間(国内)
  • 約400,000円/2週間(国外)
ホストファミリー
先生
先生

ホストファミリーとは留学生を家族の一員として受け入れる家庭のことです。

メリット
  • 国内で異文化体験や英語でコミュニケーションを取ることができる
デメリット
  • なにかとお金がかかる
  • 生活リズムが変わる
  • 責任がのしかかる
英語村
先生
先生

日本各地で、いろいろな形態で運営されています。

外国人と英語でアクティビティをしたり、宿泊をすることができたりします。

日本に住んでいる外国人の方や、日本に滞在しにくる外国人とコミュニケーションを取ることができる場所です。

メリット
  • 日常生活の中で、外国人と英語で話すことができる
デメリット
  • 積極性がなければ、参加しにくい
  • 自宅の近所にあるとは限らない
料金
  • 10,000円/1泊
ニコ
ニコ

DWE(ディズニー英語システム)ユーザーのスーパーキッズ川上拓斗くんも英語村に遊びに行っていたということが、↓の本にも書かれていました。

国際交流サークルや英会話サークル
先生
先生

地域の自治体が主催しているものや英語が好きな人が集まっているサークルです。

 

『国際交流 ○○(住んでいる地域の名前)』で検索すると出てきます。

最近では、オンラインで国際交流を図れるイベントも多くなっています。

メリット
  • 自治体が開催しているものだと料金がお手頃であることが多い
  • 外国人の友達ができる可能性がある
デメリット
  • 積極性が必要である
  • 幼児は参加しにくい
  • 開催が不定期なので、これらに参加するだけでスピーキング力を向上させるということは難しい
英語教材に付帯するイベント
先生
先生

ディズニー英語システムやワールドワイドキッズでは、教材購入者を対象としたイベントやオンラインレッスン、ワークショップを開催しています。

メリット
  • 教材に関連した内容に沿って開催されるので、子どもが馴染みやすい
デメリット
  • 基本的には教材を購入しないと参加できない
  • オンライン英会話などと比較するとアウトプットの回数が少ない
料金
語学留学(親子留学)
先生
先生

アメリカ、カナダ、オーストラリア、フィリピンなど選択肢はたくさんあります。

メリット
  • 親は語学学校に通い、子どもは現地の学校へ通う、さらに教師の自宅にホームステイしたりすもできるので、英語を話す機会が格段に多い
デメリット
  • 費用が高い
料金
  • 約40~120万/1か月

まとめ

先生
先生

目的別にランキング形式にしてみました。

 

順位に関しては厳密にいうと留学期間やオンライン英会話の受講頻度、英会話カフェへの参加率などによって多少前後はあると思いますが、

まとめるとこのような感じになります。

目的 手段
英語に触れる時間が長い
  1. 語学留学
  2. プリスクール
  3. オンライン英会話
  4. 英会話スクール
  5. 英語教材に付帯するイベント
  6. スプリング/サマー/ウィンタースクール
英語のスピーキングに特化している
  1. 語学留学
  2. オンライン英会話
  3. 英会話スクール
海外の文化に触れながら、英語でコミュニケーションを取る
  1. 語学留学
  2. 英会話カフェ
  3. ホストファミリー
  4. 英語村
  5. 国際交流サークル/英会話サークル
先生
先生

以下のことも考慮して、目的に合わせて、手段を選んでみてください。

  • 語学留学をしても日本に帰ってきてから継続しなければ、スピーキング力は下がってしまう
  • スピーキング力向上のためには、英語で話す機会は多ければ多いほど良い
  • ホストファミリーや国際交流サークルは、”日本語を話したい外国人”もたくさんいるので、ずっと英語で話すというわけではない
  • スピーキング力をつけたいという場合は、それを目的につくられている『オンライン英会話』『英会話スクール』『語学留学』をするのが、効果的である
\無料体験がある英会話スクール5選/
\初心者向けのオンライン英会話5選/
\【有名な英語学習教材の比較】アウトプットの機会が多いのは?/
悩めるママさん
悩めるママ

スピーキング力を鍛えられて、かつコスパが良さそうのはオンライン英会話かしらね。

ただ、子どもが小さい時は画面の前に座り続けるのって難しそうね。

先生
先生

たしかにオンライン英会話はパソコンやタブレットの前にじっと座っていないとレッスンにならないですね。

 

その点英会話スクールであれば、英語の歌に合わせて踊ったりして、身体を動かしながら、英語に触れられるので、幼児期は特に良いと思いますよ。

親子で参加できる英会話スクールもあるので、自宅に帰ってから、親子で英語のやり取りを楽しむこともできます。

 

それに英語のお友達ができることでモチベーションUPにつながる可能性もあります。

 

でもシャイなお子さんの場合だとグループレッスンに向かないこともあります。

ニコ
ニコ

ちなみにディズニー英語システム(DWE)は、スピーキングの練習ができる場所として、以下のようなものがありますよ~。

 

  • 週に一回の電話レッスン(TE)
  • オンラインイベント
  • オフラインイベント
  • 会員専用の英会話教室

このようなアウトプットの場所で行われる内容は、教材に沿ったものなので、子どもが『知っている』『わかる!』と感じやすく、英語を話す自信につながると感じています。

 

特にまだ勉強という意識のない幼児期の子どもにとっては良いと思いますね。

悩めるママさん
悩めるママ

なるほどね。

とにかく『スピーキング力をつけるには、英語で話す機会を増やせばよい』ということが分かったわ。

 

ただ、お金も時間も限られているから、できるだけ効果的で、コスパの良いものを選びたいわね。

 

子どもがある程度大きくなってモニターの前に座れるようになったら、オンライン英会話が良さそうね。

 

それまでの1~3歳頃は、英語教材に付帯するイベントあるいは『英会話スクール』かなぁ・・。

 

英会話カフェとか英語村に参加してみるのも良さそうだけど、私の英語力じゃ不安だし・・。

先生
先生

スピーキングは、練習すればするほど上達しますし、リスニングで耳を鍛えておくと後からでも伸ばすことができるので、あまり焦らず、お子さんに合った方法を選んであげてくださいね。

悩めるママさん
悩めるママ

そういえば、私英語が得意じゃないんだけど、英語で話しかけたりしたほうが良いのかしら?

先生
先生

無理に話しかける必要はないですよ。

 

親の仕事は『英語の環境を作ってあげること』そして、『英語や外国の文化や歴史に興味が持てるようにして自ら英語を学びたいと思えるようにしてあげること』が大切です。

 

英語ができる人の場合でも一日中英語で話しかけるということはおすすめできません。

 

乳幼児期は英語の歌を一緒に歌ったり、絵本の読み聞かせをすると良いですよ!

悩めるママさん
悩めるママ

発音に自信がないんだけど、大丈夫かしら?

先生
先生

発音は良いに越したことはありませんが、CDなどでネイティブの発音を聞かせてあげれば問題ないですよ。

一緒に英語で歌ったり、絵本を読んだりすることを楽しんでくださいね!

 

そして、絵本と言えば、リーディング!

 

リーディング力はとても重要です。

というわけで、次回は『リーディング力をつける方法』についてお伝えしますので、お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました